テーピング固定について

テーピングは受傷後の部位の固定・保護だけでなく、筋肉や腱の動きを助ける働きもあり、怪我の改善、怪我の予防、パフォーマンスの向上など様々な用途に活用することができます。
当院では、患者様の要望に合わせて各種テーピングを行っております。 また、ご自宅や運動前に自分でもできるようにテーピングの巻き方の指導も行っております。(ただし、素人がテーピングを施すのが難しい場合、効果が半減してしまう恐れもあるので、なるべく通院をお願いしております。どうしても定期的に通院することが難しい場合もあるため、指導を行います)

テーピング テーピング テーピング テーピング

テーピングの4つの効果

① 可動域が制限できる
関節が通常動ける範囲を超えてしまった場合、脱臼やねんざを引き起こしてしまいます。 テーピングはこういった関節のケガなどで動かしたくない方向はしっかり固定でき、筋肉正しい動きをサポートするので、曲げ伸ばしなど動作がラクにできます。また筋肉を伸ばす動作の時に伸びすぎないようにしっかりサポートします。
② 筋肉・靭帯や腱などの補強ができる
痛めて弱くなっている筋肉、靭帯(じんたい)、腱(けん)にテーピングをすることで、患部にあまり負担をかけず、その部位の補強ができます。また、根本治療はできませんが、パフォーマンスの低下を軽減するのに役立ちます。
③ ケガの悪化防止
患部(筋肉など)にテープを巻き、適度な圧迫を加えることで、腫れや炎症をコントロールできます。 また、部分的に圧迫を強めることで痛みを緩和することもでき、ケガの悪化防止につながります。
④ 精神的な安心感が期待できる
過去にケガをした経験があると、ケガに対する不安が強くなることがあります。 不安のある部位を補強・安定させることで精神的な安心感が期待でき、プレーに集中できるようになります。

テーピングの4つの目的

① ケガの発生を防ぐ
スポーツによって異なるケガをしやすい部位をテーピングで補強し、ケガの発生を防ぎます。
② ケガの再発を防ぐ
一度ケガをした部位は、再発する可能性が高くなります。テーピングはこうした部位を補強、安定させます。
③ ケガの不安、解消
適切なテーピングをすることでケガの不安がなくなり、安心してプレーできるという精神的なメリットがあります。
④ パフォーマンスの向上
筋肉のブレを抑制し、バランスを整えることで、本来持っている力を十分発揮することができます。

ページトップ